2012年5月21日 金環日食

2012年5月21日の朝に起こった日食は、太平洋側の広い地域で金環日食となりました。 国内では1987年9月の沖縄金環日食以来、25年ぶりです。 雲が多い天気で、すっきり晴れた場所は少なかったですが、長野県ではほぼ快晴の好条件となり、 最初から最後まで雲に邪魔されることなく、見ることができました。
金環食の継続の時間は、金環食帯中心線で5分程度、長野県伊那市では3分強でした。


2009年7月22日 上海皆既日食

インドから中国、日本の鹿児島県トカラ列島や硫黄島などで、最長6分40秒に達する 好条件の皆既日食がありました。
観測地周辺の環境や価格などを考慮し、国内よりもリーズナブルな中国上海への日食ツアーに参加して、 上海市街から数十km南下し、上海市奉賢区の杭州湾沿いにある、上海棕櫚灘海景酒店の駐車場で観測を行いました。
しかし、梅雨前線が皆既帯に沿って停滞する生憎の気象条件のため、前半の部分日食が 時折雲越しに見えただけで、皆既は全く見られずに終わりました。
ただ、皆既中の5分50秒間は真っ暗になり、その暗さは過去の日食に比べて 格段に暗かったのが印象に残りました。


1988年3月18日 小笠原沖皆既日食

小笠原諸島近海の公海上で、皆既日食がありました。 東京や神戸などから計6隻の観測船が出ましたが、その中の「にっぽん丸」に乗り込み、 約500名の乗客と一緒に日食を見に行きました。
皆既の時間は、皆既帯中心線で3分50秒程度でしたが、雲を避けて動き回ったため、 にっぽん丸での皆既継続時間は3分34秒でした。


館長へのご意見・ご要望はこちら にお願いします。
[天体写真館トップページへ戻る]
このページに所蔵している写真の著作権は、すべて撮影者に帰属します。
Copyright(C) by Yutaka Numajiri. All Rights Reserved.